メーカーとミニカーの特徴〜ミニカー 専門ショップ

 
検索の説明

 はじめての方へ

ミニカーの専門店 ミニプル

お買物の前に
(別ページで表示)

当ショップへのリンク

SSLサイトシール
個人情報を保護する
安心のSSL通信です

ミニカー各社とミニカーの特徴説明のページです。

説明は簡略しているものもあり、青色のタイトル(ミニカーメーカー名)をクリックすると、

メーカーの説明と説明の中にある各ブランドのさらに詳しい説明も読むことができます。

※有名メーカーの更に詳しい説明は、「有名ミニカーメーカーの特徴」のページ参照。

ミニカーメーカー各社の製品特徴の簡単なご説明。
店主推薦品!
数多くのミニカーがら店主が特に優れた特徴をもつミニカーばかりを掲載しております。いずれもコレクションとして誇れるものばかりです。ぜひコレクションにお加えください。
最新入荷商品
新規入荷商品または人気モデル等の再入荷商品などを掲載しています。 ※入荷日付の新しい順に並んでおります。 ※新商品の多くは、発売即完売がほとんどのため、「完売」が多くあります。 ※「完売」していなければラッキーです!すぐに買いましょう! ※「発売即完売」で絶対に入荷しないものは、はじめから掲載しておりません。
謝恩奉仕品
激安の新品の商品ばかりのコーナーです。スケール別-英字アルファベット-50音順-漢字順となっています。 価格が安価なだけでなく、絶版品や貴重品(お宝や掘り出し物)もあり、発見の楽しみがあります。 特にミニチャンプス(PMA)は二度と入手不可能なモデルも多く、マニアやコレクターの方は必見のカテゴリーです。
Bang
BBR ガソライン
BBRは、イタリアが誇るハイクオリティモデルのトップブランド。  イタリア車を中心に、新旧のあらゆるスポーツカー、レーシングカーを題材として、レジン製のハンドビルド・モデルを手がけている。そのハイクオリティから、フェラーリの公式カタログにも載せられている唯一のハンドメイドミニカーメーカーである。真のミニカー愛好家は、こういう芸術作品にも通じる高次元レベルの 価値あるミニカーを逃がさないでほしい。
CMC
CMCは1998年創業のミニカーブランドで世界最高品質を誇るドイツのブランド。 1台につき1000点ものパーツを使い、組立てもすべて手作業による最高の完成度をもち、他の量産品とは一線を画するモデルは世界的に高い評価を得ている。革巻きステアリングやエンジンフードの革止めには本物の革を使い、植毛技術のカーペットや各部のメカなどは実車と見間違うほど緻密かつ精巧な出来で、あなたのコレクションの貴重な作品として価値あるものとなる。まちがいなく収集家 垂涎のモデルである。
DISM
DISMは、プラモデルの老舗メーカーであるアオシマが、2005年に立ち上げたブランド。これまでモデル化されなかった、1980年代の国産乗用車を数多くラインナップしているのが特徴で、車種によっては、ライト点灯、ホイール交換、車高調整などのギミックが付いていることから、実車ファンからも熱い支持を受けている。
FRONTIART
近年、成長が著しい香港の新進気鋭のモデルメーカー「FRONTIART」。 全てのハンドビルド製品はレジン製で、精巧なクラフトマンシップと高い技術に支えられ、細かいディティールを再現したトップクオリティーモデルを製作。まるで芸術作品を仕上げるが如く、貴方のコレクションを満たす作品をお届けしています。
GTスピリット
GT SPIRITは現在5ブランド(ポルシェ、メルセデス、BMW、アウディ、ベントレー)で、ハイクオリティな1/18および1/12スケールのレジンモデルを展開するブランドです。ハイクオリティを追求するGT SPIRITは実車をスケールダウンしたかの様な塗装や組付けから、ブランドのポリシーをひしと感じとる事ができます。全ての製品にはシリアルプレートが付けられ、リミテッドエディションである証とともに所有する喜びを提供します。これから取扱いを開始するGT SPIRITモデルにどうぞご期待ください。
HeadwayTechn ology
Hi-Story
Hi-Storyは、Qモデルやホットワークスなど様々なメーカー製品を取り扱うインターアライドが立ち上げたオリジナルブランドです。少し懐かしい名車たちを、レジン製ハンドメイドで少量のみ限定生産するというコンセプトの元、これまでモデル化されなかった日本国内の乗用車を中心に、 魅力的なラインアップを展開している。モデルは、ウインドウガラスは透明感があり、デザインも繊細、一般の量産モデルより精密である。
Hpi-Racing
013/12/16に突然、Hpi-Racingはミニカー事業から撤退。当店在庫限りで大変貴重!Hpi-Racingのミニカーの歴史を説明しますと、2006年にダイキャストミニカーに参入。 1980年代から現在までのコンペティション・マシーン、ラリーカーやル・マン等で活躍したCカーを中心にリリースしていました。 ディテール再現に拘って仕様毎に異なるパーツも正確に再現しており、車種によっては、リヤカウルも開閉し、エンジンやリアサス周りを眺めることができる等、 その車種で決定版といえるほどのクオリティ。
Ignition model
旧車からレーシングカー、現代スポーツカーまで、ハンドメイドで作りあげる精密ミニチュアモデルカーメーカーです。高級感あるどっしりとした保護ケースと精密に再現された名車はコレクションとして最適です。モデルは多数制作されていますので、これらのシリーズを揃えていけばかなり見ごたえあるコレクションができあがります。
KID BOX
キッドボックス(KID BOX)は最近オリジナルブランドミニカー(KANEKO、ENIF等)を製作している。ニッチなモデルがあるので注意してみておきたい。
LA-X
M4社
M4(エムフォー)社は、アートモデル、ベストモデル、リオといったフルクからのコレクターにとって馴染み深いブランドを擁していたが、2007年にアルファ・ロメオを専門に手掛けるイタリアの新興ブランドを立ち上げた。  ミニカーは、特性のアルファ・ロメオ柄のパッケージと鮮やかなブルーの台座に納められ、各1998台の限定生産となっている。比較的安価に購入できるので、アルフィスタには見逃せないブランドである。
MakeUP
1978年に設立。 自社ブランド『MAKE UP LSJ』(メイクアップ ルックスマートジャパン)を展開。1/43スケールの手作りの超精密モデルは、どのモデルも例外なく掛け値なしの世界の一級品。光沢感のある厚みを持った塗装、緻密に再現された造形は量産ミニカーとは比較にならない素晴らしい出来でコレクション価値は非常に高い。2002年にイタリアのMR Collection社と共同でLookSmartというブランドを立ち上げ、2005年には、ブランド名をEIDOLON(アイドロン)に変更。
MINICHAMPS
PMA(ポールズ・モデル・アート)社は、ドイツに拠点を置くメーカーで、手掛けるブランド「ミニチャンプス」(MINICHAMPS)は、現在の世界のミニカーを代表するブランド。繊細かつ的をいたディテールとプロポーションの再現、美しい塗装等、すべての要素が高次元で絶妙にバランスしている。日本のE社やK社等の大量生産モデルより優れている。個体差がほとんどなく品質が優れて安定しているのは、コレクターにとって最大の魅力である。
NEO
NEOブランドのミニカーは、中心はレジン製の高級モデルで、メイクアップ(アイドロン)やBBRと並んで超精密なミニカーをおくりだしている。クラッシックカーや欧州の名車など見逃せないアイテムが多い。
OTTO
PCT
Qモデル
Qモデルは、ダイキャスト製ボディのプロポーションには定評があり、ミニカーと一緒に並べるフィギュアを発売するなど意欲的な商品開発を行っている。 1960年代のトヨタ7や2000GTにくわえて、マツダ、トヨタ、ニッサンなどが活躍した1980から1990年代のCカーをラインナップしている。
Rebell
レベル(Revell)は、アメリカの名門ブランドです。 元々は、プラスチックモデルのブランドであったが、近年はダイキャストミニカーも積極的に展開している。欧州の車種を中心に人気の1/18スケールモデルも多い。
REVE
ReveCollections(レーブコレクション)は、世界中の数多くのミニカーを扱っている轄総ロ貿易が立ち上げたオリジナルブランドである。 競技車両に限定し、各世代で強力なインパクトを残した車種をモデル化している。70-90年代の車両に関しては、現代の技術を投入、当時は再現できなかったディテールを追及。 1/43スケールながらも見ごたえのあルモデルを目指している。、各マシンの違いを徹底的に追及して製作しています。
RIO
TSM
トゥルースケールミニチュアズ(TrueScaleMiniatures=TSM)は、スナップオンの工具を1/18スケールと1/43スケールでミニチュアモデルを製作する香港系メーカーだったが、このたびミニカーの製作にも進出。 1/43や1/18の名車のモデル(ポルシェ935Kやアメリカの名ドライバーダン・ガーニーの直筆サイン入りF1カー)等)、なかなかの精密モデルを出している。今後注目すべきメーカーである。
Wit's
鰹ャ川/ホビー事業部のオリジナルブランド「WIT'S」です。 1/43モデルのレジン製ミニカーと1/12モデルのダイキャスト製バイクを、こだわりながら作っています。 車好き、バイク好きのスタッフがミニカーのマニアの方はもちろん、実車好きの方にも満足のいくモデルをこれからも作っていきます。
VISION
メイクアップ(MakeUp)のオリジナルブランドです。 EIDOLONブランドより価格を抑えながらも品質や精密さは同等を目指して製作されています。精密モデルとしてはかなりお買い得モデルです!
アイズ
アメリカンマッスル
マスタングのミニカーを精力的に開発製作しているメーカーです。ここにしかないマスタングミニカーが豊富に揃っていて、マスタングファンには見逃せないメーカーとなっています。
イクソ
イクソ(ixo)は、旧デビス・グループから独立したメーカーで、香港に本拠地を置く。 1/43スケールをメインとしたダイキャストカーを製作。ヨーロッパのクラシックカーから国産のラリーカーまで幅広く展開し完成度も高い。特に塗装には適度な厚みと艶があり美しいモデルが多い。
エグゾト
エグゾト(Exoto)は、アメリカに本拠を置く超精密ミニカーメーカー。 1990年代から1/18スケールの超精密モデルを送り出してきたエグゾトは、ビッグスケールのハイクオリティ・モデルの先駆けというべきメーカーである。 その超精密な造りは、車台の裏側や隠れた部品にまで及び、驚異的である。最近では1/43スケールのトランスポーターも手掛けている。 1960〜1990年代のF1やGT・プロトタイプに出場したメジャーなマシーンが多い。CMCやBBRなどと並んで最高峰のミニカーメーカーである。
エブロ
エブロは、1997年に誕生したわが国を代表するミニチュアカー・ブランド。正確に再現されるプロポーションとディテールは国産ブランド随一といえるクオリティを達成している。「乗用車」は「ホット」と「オールディーズ」の新旧2ラインを、「レーシングカー」は「スーパーGT」と「レーシングカーコレクション」の2ラインがある。後者の「レーシングカーコレクション」は新旧のレース車両をテーマに展開。日本車なら、まずエブロから発売確認する、というのがコレクターの定説で、日本車ならエブロということになっている。
エムクリエイティブ
オートアート
オートアートは、ゲイトウエイ・グローバル・リミテッドが1998年に設立したブランドで、中国の広東省に本社工場を置く。1/18スケールを中心にしてはいるが、1/43や1/64スケールも充実してきている。モデルのシャープなモールドニ加え、艶やかな塗装と繊細なディテールは、今日のベンチマーク的存在となっている。特筆は、1/18スケールのシグネチャーシリーズで、ドアやエンジンフード等の開閉部分の精度は高く、適度な厚さのダイキャストボディ、塗装の艶とそのつくりの精密感は文句ない出来映えである。
京商
京商は、1/18と1/43スケールの精密なダイキャストミニカーというジャンルを開拓し、今では国内はもちろん、世界のシーンに無くてはならない存在となっている。 新旧のスーパーカーに得意で、フルクから熱望されてきた車種を次々モデル化しているのをはじめ、1/12から1/150まで、様々なスケールで、身近な国産車からマニアックなヒストリーカーまで、多岐わたるジャンルをカバーしている。 1/43スケールでは、高品質モデルと普通品質モデルを製作するなど、入手しやすい価格体系も評価できる。
国際貿易
世界中のミニカーの輸入販売で有名な国際貿易は、近年オリジナルモデルも手掛けている。超精密メーカーから量産タイプまで幅広く取り扱っている。M4社、NEO、OTTO、PCT社、Rebell、REVE、RIO等たいていの海外製ミニカーはここから発売される。
コフラディス社
フランスのイクソモデルの代理店「コフラディス社」の特注モデルです。
ジール
ミニカーショップ「ジール」さんの特注ミニカーです。京商製モデルをベースにアレンジ製作されてますが、なかなか眼の付け所がいい、品質も京商と同等であるので、貴重モデルとして価値大です!
シュコー
シュコー(SCHUCO)は、ドイツに本拠を置くメーカーで、1912年から脈々と続くドイツの老舗玩具メーカーである。 シュコーが手がけるミニカーは、どことなく心の温まるプロポーションで、とても愛らしくて、魅力がある。 スポーツカーから農業用トラクターまで、ドイツ車を中心に幅広い題材を高いクオリティで製作している。ゼンマイ付きモデルやフィギュア付モデルなどもリリースされている。
スパーク
Sparkは1999年に設立されたフランスのミニカーブランド。 主にレジン(合成樹脂)素材を使用したモデルメーカーで、素材の特性を生かしての超精密な造りと、人気車からマニアックな車種まで幅広いラインナップが特長。 レーシングマシンのモデル化には特に力を入れており、F1やル・マン24時間の歴代出場マシンを精力的にリリース、最新シーズンのマシンをモデル化するスピードの速さでも他メーカーの追随を許さず、多くのファンに支持されています。社長自らがレース活動を行うほどのクルマ好き集団。
ソカテック社
トップモデル
トップモデル(TOP MODEL)は、イタリアに本拠を置く老舗メーカーである。 精密さを考慮しつつも、かってのミニカーが持つ温かみのある造形が特徴的である。日本にはなじみの薄い車もリリースしており、ラインナップは、イタリア、イギリス、フランス車が中心である。ながでもブガッティは、他のメーカーではモデル化されていない車種が多く、ブガッティ好きにはたまらない。レジン製のボディやアルミ挽きもののホイールなど徹底的に拘っており、質もハンドメイドに近い。
トミーテック
トミカエブロ
トミカエブロ(TOMICA EBBRO) は、エブロ製のミニカーをベースにトミカとのダブルネームでテーマに沿ったモデルを送り出すブランド。 「長谷見コレクション」では、長年のトミカとスポンサー契約を結んで活躍している長谷見昌弘氏ゆかりのマシーンをラインナップする。スーパーシルエットからグループA、最新のスーパーGTなどがリリースされてきており、トミカエブロならではの仕様と専用パッケージが特徴である。
トロフュー
トロフュー(Trofeu)は、旧デビスグループから独立したブランドで、ポルトガルが本拠地。 クラシックラリーカーをメインにリリース、ワークスからプライベートまでカバーしている。アルピーヌ・ルノーやスバル・インプレッサ、特にフォード・エスコートのラインナップが充実している。 繊細なディテールや美しい塗装、どことなく華奢な雰囲気が独特で、その魅力とクオリティの高さは折り紙つきである。
ノレブ
ノレブ(Norev)は、1946年設立のフランスの老舗ブランド。 当初はおもちゃの時計等を製作していたが、1950年からミニカー製作をはじめた。やみくもにシャープさを追求せず、ミニカーらしい柔らかいタッチが特徴である。 1/43をメインにするが、1/18も最近手がけている。1/43スケールでもルーフが開閉するギミックは、ノレブ社の特許であり、そのスムーズさや収納の滑らかさは、さすがに世界一である。 プロトタイプ・モデルやヒストリックカー等子穴マニアに向けたユニークなアイテムも豊富。
ヒコセブン
モデルギャラリーヒコセブン(HIKO7)は「レイズ」と「カーネル」というブランドを手がけている。
ビザール
ビサールは、歴史に残るマイナー車の救世主である。スパークやレッドラインなどのブランドも手掛けるMiniMax社のブランドでもある。  素材にレジンを使い、その特徴を存分に活かして、レジンだからこそ可能な、極めてマニアックな車種を次々とモデル化している。モデルは、レジン製のモデルとしては、室内等の作りこみもしっかりとしている。1950年代から現在までのル・マン24時間出場車やレコードブレイカー (世界最高速度記録車)等を得意とし、バリエーション展開も多い。最新のマシーンもすばやくモデル化している。
フジミ
ブルム
ブルム(BRUMM)は高い文化的、美術品的価値を誇るイタリアの老舗ブランド。戦前の19世紀の馬車から1980代のフェラーリF1まで様々な題材をモデル化。最近は、1960年代のヒストリックカー車種に力を入れている。品質へのこだわりから、生産はイタリア国内。モデルの見せ所をきちんとわかって製作されているので、たいへん魅力がある。パッケージのビジュアルもお洒落。日本の一般的な購買者は、やたらと、その精密さや仕上がりの完璧さばかりを求める傾向が強いが、それとは一線を画する文化的美術品的な価値と魅力を備えている。
プロドライブ
プロドライブ(Prodrive)は。イギリスのブランドである。 イクソの製品をベースに、独自に選んだ仕様を再現して、豪華な化粧箱に納めたモデルを中心にリリース。コンペティション・モデル専門でテーマに沿ったセット物などはコレクションする喜びも大きい。
ベストモデル
ホットワークス
ホットワークス(Hot Works)は、日本のインターアライド社のブランドである。 1/18,1/24,1/64の各スケールでチューニングカーを中心にリリースする。「オートプロショップ」シリーズは、組み換え可能なエアロパーツやホイール、内装パーツなどが付属して、ノーマル仕様を実車感覚で改造できるのが最大の特徴。 国産スポーツカーをはじめ、ミニバンやVIP系セダンなど、カスタム・ベースとして人気の高い車種を豊富にラインナップしている。
ポストホビー
マテル
マテルは、アメリカの玩具最大手。ブランド名は「ホットウィール」で1968年に製作開始。業界ではマテルのミニカーで通っている。 2006年からフルディテールのハイエンドモデルであるハイグレードの「エリートシリーズ」および「スペシャルエリートシリーズ」を展開。 このシリーズは品質に年々磨きがかかってきている。特に最近はディテールの精密さが増し、従来から定評ある塗装もますます美しい仕上がりとなって、価格を超える品質と思えるほどお買い得感がある。これから目が離せない注目のシリーズになってきている。
ミニカーファン
ミニカーファンは、ミニカー雑誌として有名な「ミニカーファン」が特注で製作しているミニカーである。 ミニカー専門誌のスタッフが、その専門知識を活かしてあらゆる角度から検討を加えて、マニアやコレクター向けにたいへん魅力ある車を送り出してくれている。 どのモデルも文句なしに貴重価値があるので注目しておこう。雑誌に発売の予告とともに詳しいモデルの解説が出るので参考に出来るのもうれしい。
ミニマックス
モノクローム
自衛隊車両などの貴重なモデルを制作している。その正確で精密なつくりはマニアにたいへん評判がよく喜ばれている。
レーシング43
レーシング43は、イタリアのハンドメイド工房である。 イタリア現地の一流職人(マエストロ)がこつこつと完全手作業で1台1台を丹念に仕上げて製作。 モデルの風合いは、まさに芸術的。同じフェラーリでも現地のフェラーリを知り尽くした熟練マエストロが作るとこうなるのかあ〜と、思わずううなってしまう。単に精密なのでも味気ないシャープさでもない、独特の風合いがあって、その国の文化が感じらる。柔らかく優しさや温もりのあるフォルムとその精密な作りが醸し出す雰囲気やたたずまいがすばらしい。コレクションとして逸品です。
レッドライン
レッドライン(Red Line Models)は、ボディ等の主要パーツをレジンを使った手作りによる少量生産モデルをリリースする。 題材は、現代のフェラーリに特化しており、これまでのダイキャストカーでモデル化に恵まれなかった人気車種が揃っている。手作りゆえの繊細な仕上がりが魅力的である。
ディスプレイケース

 

 

 

 

マーク表示は 当店品切れ。 マーク表示は流通在庫確認、完売でなければ 4日〜10日程度で取寄せ可能です。

 

マーク表示は 当店品切れ。 流通在庫確認、完売でなければ 14日〜25日程度で取寄せ可能です。

 

[商品番号-K] のように商品番号の後に -K があるモデルは、流通在庫確認しどこにも在庫なく売り切れた 完売モデル。 将来再生産されるまで 販売停止、もしくは再生産予定のない、絶版となったモデルです。

 

返品について: 原則として 本体の不良が対象 となります。本体以外の保護部材等の不具合は、メーカーも返品条件としていないため、その程度が大きい場合のみ返品可否の判定となります。 詳細は→ こちらをご覧ください。